コム・シノワ

コム・シノワ
  • 画像1
  • 画像2
  • 画像4
  • 画像3

Calendar

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

コム・シノワの移り変わり

  • 1983

    神戸南京町に、フランス料理店”ビストロ コム・シノワ”をオープン。
    気楽に楽しい幸せな時間をお手頃価格で、そんな想いで、神戸の最も庶民的で生活感のあふれる南京町で、コム・シノワは始まりました。

  • 1990

    南京町から元町栄町通の静かなオフィス街に、ちょっとフォーマルにグレードアップして店の名前も“レストラン コム・シノワ”に変わり移転しました。
    そしてそれを機に4丁目南京町のフランス料理店の跡に“パティシエ トレトゥール コム・シノワ”洋菓子店の誕生です。

  • 1993

    元町通3丁目に、本格的洋菓子とカフェの店“フリュティエ コム・シノワ”をオープン。

  • 1994

    六甲山のログハウスのレストランがオープン。
    森のレストラン“オーベルジュド コム・シノワ六甲”が誕生です。

  • 1995

    震災の後、三宮にカジュアルレストラン“ラミティエ コム・シノワ”をオープン。

  • 1996

    三宮の2号線沿いに小さなパン屋さん“ブランジェリー コム・シノワ”が誕生しました。

  • 1999

    そして更により広いスペースを求め、三宮ビル南館地下1階に“ブランジェリー コム・シノワ&オネストカフェ”をオープン。
    後に、元町の洋菓子店を統合して、荘司シェフの質の高いカフェ料理が加わり、コム・シノワの魅力的なトータルショップになりました。

  • 2003

    レストラン コム・シノワはメリケンパーク海洋博物館2階に移転。
    神戸の港を一望のもと、最も神戸らしい“レストラン コム・シノワ The Ocean”として全国から多くのお客様をお迎えすることができました。
    その他、御影の山手幹線沿いに“コム・シノワ The Way”がオープン。

  • 2005

    大阪高島屋(難波)の地下洋菓子売り場では、洋菓子とパンを販売しています。

コム・シノワシェフ 庄司策の写真 荘司索シェフ